グレーゾーンのクレジットカード現金化

- グレーゾーンのクレジットカード現金化

鉄骨

グレーゾーンのクレジットカード現金化

急にお金が欲しい場合などに利用されているクレジットカード現金化ですが、実はグレーゾーンになっているのです。現金化はクレジットカードのショッピング枠を利用して商品を購入し、それを別の業者に売るという行為になります。これのどのような点が違法なのかを見ていきましょう。

賃金業法に反する行為

クレジットカード現金化は、実は賃金業法に違反する行為であり、カード会社でも禁止されています。そのため、発覚すれば利用停止処分になるのが一般的なのですが、特に刑罰などは設けられていません。しかし、クレジットカードを利用して購入することも、購入した商品を売ることも当然違法ではないのです。

そのため、自分自身で何かを購入し、現金に換える行為は面倒で儲けが少なくなるデメリットがあるのですが、違法性を指摘される可能性は低いでしょう。逆に現金化業者を利用すると、取引を偽装することになるので、違法性を指摘されるケースが増えてしまうのです。

しかし、発見されても刑罰が設けられているわけではないのですが、デメリットも多くなるので、できるだけクレジットカード業者に発見されないように業者も工夫しているのです。日本の法律は大手企業に有利なように作られているので、法律の穴をかいくぐるようなビジネスが行われているのです。

現金にするのはキャッシング枠

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。本来現金を借りる場合にはキャッシング枠になるのですが、現金化というのはショッピング枠を利用した方法になります。キャッシング枠を利用しなければいけないのに、ショッピング枠を使うことが、規約に反していることになるのです。

しかし、自分で現金に換えれば調べるのが困難になるので、短期間で複数回同じ物を購入するなどをしない限りはわかりにくくなっています。業者もうまく法律を逆手に取っているため、現時点では取り締まりが困難になっているのです。

リスクを犯したくないという人は、ショッピング枠を利用する方法を用いる現金化ではなく、普通にキャッシング枠を利用する方がよいでしょう。なぜならどちらもいずれは返済する義務があるからです。この2つの枠についてよく理解しておくことも大切になります。

現金化業者には要注意

現金化業者には悪徳業者も存在しています。利用したのに現金が振り込まれず、トラブルになるケースも実際に発生しているので、業者選びには十分注意しましょう。事前の情報収集は欠かせません。

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →