現金化を行うにはまず、それぞれのカードの特徴をしっかり抑えておこう!

- クレジットカード現金化について知る

鉄骨

クレジットカード現金化について知る

最近はインターネットで買い物をすることが多いですし、政治家の悪政で治安が悪化しているため、現金を持たないでクレジットカードを所持している人も多いでしょう。実際にクレジットカードのサイトを確認してみると、現金化という言葉をよく目にすることがあります。この現金化とは何のことなのでしょうか。

まずはクレジットカードについて知る

繋がり
クレジットカード現金化と言われても、何のことなのかさっぱりわからないという人もいるでしょう。本来クレジットカードというのは、現金の代わりにカードで買い物を行い、カードの残高で決済を行う仕組みになっています。なぜこのクレジットカードが現金になるのか不思議に思う人もいるでしょう。

そこでクレジットカードについてまずは確認をしてみます。カードにはいろいろな種類がありますが、銀行口座からお金の引き出しや振り込みを行う銀行専用のカードをキャッシュカードと呼びます。これは銀行専用のカードなので、他のところでは使えません。もちろん買い物もできないのですが、これがデビットカードになると、買い物ができるようになります。

デビットカードというのは、銀行口座にある現金を自動的に支払うシステムを利用して、カードで支払いを行う方法です。このデビットカードとクレジットカードが近い関係にあると言えるでしょう。異なっている点は、デビットカードは残高内でしか買い物ができません。それに対してクレジットカードの場合には、借金をすることもできるのです。

これがクレジットカードなのですが、デビットカードと同じように、カードを利用して買い物ができる仕組みになっています。この仕組みを利用したのが現金化だと言えるでしょう。ちなみにデビットカードは無審査ですが、クレジットカードは借金ができるので、審査が必ず存在しています。借金ができるとは言っても、無制限に行えるわけではありません。

現金化の仕組みを知る

クレジットカード現金化の意味や方法を知るためには、まずは仕組みを知っておく必要があります。まずはクレジットカードを使って買い物をします。買い物をした商品を別の業者で売ってお金に換えるのが現金化なのです。クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があるのですが、キャッシング枠は現金を引き出すことができます。

そのため、直接お金に変えるという方法は一切必要ありません。それに対してショッピング枠というのは、現金を引き出すことはできず、支払いにのみ使用できる枠になっているのです。しかし、借金をすれば返済しないといけなくなるので、抵抗がある人も多いでしょう。

そこでショッピング枠を使って何かを購入し、それを売ることで現金に換えることをクレジットカード現金化と呼んでいるのです。そして現金化には即日カードマンといった専門業者を紹介しているサイトも多数存在します。購入した金額よりも高い金額で売れるというのはまれで、大半は購入した金額よりも安くなってしまうことが多いでしょう。例えば5万円で購入した商品を、4万円で売却したとします。

この場合には還元率が80パーセントになるという言い方をするのです。この還元率が高ければ高いほど利益があり、損益が少なくなるのですが、この方法では還元率を100パーセント以上にすることは、かなり難しいと言えるでしょう。そのため、普通にお金を借りるよりも損をしてしまう場合もあるので、よく検討してから利用しないといけません。

一長一短が存在している

クレジットカードのキャッシング枠を使って現金を引き出しても、ショッピング枠を使って現金化を行ったとしても、どちらにも一長一短が存在しています。そのため、キャッシング枠を使った場合のメリットとデメリット、ショッピング枠を使った場合のメリットとデメリットを把握した上で、どちらにするのか検討をしてみましょう。

また、現金化を利用する前に取り扱っている業者についてもよく知っておきましょう。
今回は現金化業者について一般の求人情報などから説明していきます。

クレジットカード現金化の認知度が上がるにつれて、現金化業者の数も増えています。
巷に溢れるクレジットカード現金化の情報に触れているうちに、どんな人が現金化業者で働いているのか、現金化業者の求人内容にも興味が出てくるのではないでしょうか?
クレジットカード現金化の仕事は高収入なのかとか、ブラック企業が運営しているのではないかといった、疑問に思ったり不安に感じたりすることもあるのではないでしょうか。
謎に包まれている部分が多いクレジットカード現金化業者について、その求人情報から、実態を調査しました。

リクナビの求人がGoogleの検索結果に!どんな職種?

「クレジットカード現金化 求人」というキーワードでGoogle検索をすると、リクナビ派遣をはじめとした求人情報サイトが表示されます。
リクナビのような大手求人情報サイトは、求人広告の掲載基準がしっかりしているので、信頼できる応募先ばかりが掲載されています。

しかし、求人情報を詳しくチェックすると、業務内容を「クレジットカード現金化」とそのまま記載している求人広告は皆無でした。
クレジットカード現金化は、カード会社の利用規約に違反するため、おおっぴらに広告を出すことができないからです。

クレジットカード現金化業者は、「一般事務」「ウェブ管理者」といった、当たり障りのない職種で人材を募集しています。
クレジットカード業者の数が増え、求人募集も増加しているはずなのに、なぜか求人広告が目立っていないのはそのためです。

クレジットカード現金化業者の業務内容は、電話応対や顧客管理、会社HPの運営など、一般的な会社と大きな違いはありません。
特殊なスキルや専門知識は必要ないので、やる気があれば誰でも応募できます。

Indeedの求人も発見

Googleで求人情報サイトを探すと、リクナビ以外にも、大手求人情報サイトの「Indeed」が上位に出てきます。
Indeedでも、表面上は「一般事務」「データ入力」「営業事務」といった職種で募集が行われています。

現金化業者の求人ではなかった

クレジットカード現金化業者の求人は、他の求人広告に埋もれてしまって目立たないので、正確に見分けるのは困難です。
例えば「クレジットカードに関する事務」という求人でも、実際には現金化業者ではなく、カード会社の求人であることが大半です。
広告主が現金化業者か、それともカード会社なのか一見してわからなければ、その広告主の名前(会社名)で検索をするという一手間を加えるだけでわかるので、必ず調査をしましょう。

求人を探せるその他の場所

求人情報サイト以外にも、以下の方法でクレジットカード現金化の求人を探すことができます。

カード現金化業者の会社HPから応募する

現金化業者の求人に辿り着くには、クレジットカード現金化を運営している会社のHPから、求人案内を探すのが一番の近道です。
宣伝用のHPは、求人に興味のない現金化利用者のために作られているので、求人案内が載っていることは少ないでしょう。
そこで、宣伝用のHPから会社概要のページにアクセスし、会社名や連絡先、会社HPのURLを調べましょう。
求人募集している会社ならほとんどの場合HPに求人情報を掲載していますし、掲載されていなくても連絡先から求人募集中かどうかを問い合わせることができます。

ハローワーク(公共職業安定所)の求人から探す

ハローワークの求人情報の中に、クレジットカード現金化業者の求人が掲載されていることもあります。
現金化業者は、カード会社の目につかないように、小規模な会社が多いので、人件費や広告費を抑えるための求人手段として、無料で求人広告を掲載できるハローワークを積極的に使っています。

「ハローワークインターネットサービス」を利用すれば、求人情報サイトと同様に、手軽に求人広告を検索することができます。
ただし、大量にあるハローワークの求人情報にも、クレジットカード現金化業者であるとは明示されていないので、探し出すのは大変です。

クレジットカード現金化の収入はいくら?

先に述べた通り、クレジットカード現金化の求人広告を見つけるのは容易ではないので、月収や年収についての明確なデータはありません。
ですが、一般的な事務職や接客業としての給料を目安にすれば、年収150万円~年収300万円が相場と考えられます。

クレジットカード現金化業者の利益は、顧客の利用額の10%~20%程度であり、そのうち何割かは運営費用にあてられるので、薄利多売に近い商売です。
そのため、この業界で働いても決して一度に大きく儲けられることはありません。

クレジットカード現金化の求人数はどのくらい?

クレジットカード現金化業者の数は増えていますが、小規模事業なので従業員は数名程度のところが多く、1件あたりの募集人数はごく少ないと考えられます。
したがって募集人員が1~2人程度の求人を中心に探せば、現金化業者の求人は見つかりやすくなります。

少子高齢化の影響もあり、多くの業界で人手不足が問題化しています。
クレジットカード現金化の求人も、表立った形では見えないだけで、よく探してみれば一定数存在すると思われます。

クレジットカード現金化の求人に必要なスキルは?

クレジットカード現金化の業者のほとんどが、ネットで運営を行っているため、パソコンやメールを使えるスキルは最低限必要です。
受付や事務員としての経験があれば、電話による問い合わせや相談、クレームに対応するために役立つでしょう。

クレジットカード業者の中には、少数ではありますが、店舗型の会社も存在します。
店舗型のクレジットカード業者は、インターネットで店舗の外観や店内の写真を公開していることがあり、職場の雰囲気を知る参考になります。

店舗型の業者では、来店した顧客にも対応しなければならないので、対面での接客スキルが求められます。
クレジットカード現金化は直接お金を扱う仕事であり、怪しいイメージを持っている人も多いので、顧客に安心感を与えるため、笑顔で親しみやすい接客ができる人が望まれます。
特に女性が接客すれば、顧客の安心感が増すうえ、女性客が入りやすい雰囲気になり、女性客の増加が見込まれるため、女性スタッフの需要は高いです。

クレジットカード現金化の仕組みを、初めての人にもわかりやすく説明できる能力も必要です。
現金化の手続きはやや複雑なので、顧客に対する案内やサポートをしっかり行わなければなりませんが、サービス業界で販売員や営業職といった経験があれば、すぐに仕事に慣れることができるでしょう。

求人に応募するときの注意点

実態を把握するのが難しいクレジットカード現金化業者には、詐欺業者も少なからず紛れ込んでいますので、現金化業者を装った悪質な詐欺に騙されるリスクがあります。
クレジットカード現金化の求人で失敗しないための原則の一つとして、高収入を謳う怪しい求人には決して応募しないということを挙げておきます。

求人広告の中に、「日給3万円」「時給5000円」など、不自然なほど高収入の募集を見かけることがあります。
これらの怪しい求人の正体は、美味しい条件で誘惑して、応募者からお金を騙し取ろうとする詐欺広告です。

高収入につられて応募したものの、登録費用や教材費といった名目で初期費用を請求されたといった話はよく聞きます。
初期費用は数十万円単位の高額なことが多く、支払えない場合はクレジットカード現金化を利用するように指示されることがあります。

「高収入の仕事だから、初期費用はすぐに回収できる」と考えるのは禁物です。
実際に広告に記載されている通りの給料が支払われることはありません。
さらに言うと、クレジットカード現金化の仕事内容は一般的なオフィスワークとほぼ変わらないので、特別な道具や教材費は必要ないはずです。
機材の購入費用や保証金など、どのような名目にしろ、最初に費用を請求してくる求人広告は疑ってかかりましょう。